ウェットキャットフードにもいろいろな種類が!選ぶコツと上手な活用法

top画像

キャットフードがドライフードとウェットフードに分かれることは何となく分かっている人も多いでしょう。しかしウェットフードにもいろいろな種類があることは知っていますか?今回はそんなウェットフードの種類についてのお話です。

ウェットキャットフードとは

ウェットキャットフードとは、水分の合有量が75%程度のキャットフードです。大袋に入って売られているキャットフードとは違い、缶詰、アルミトレイ、レトルトパウチなど密封容器に少量が詰められた形で販売されています。そのため長期保存に適しており、開けたとき常に新鮮な味が楽しめるのが特徴です。一方で一度開けてしまうと急激に品質が劣化してしまうので、食べ残しの処理が難しいという一面もあります。

ウェットキャットフードを与えるメリット

水分をたくさん摂れる

砂漠で生きてきた歴史を持つ猫は本来水分をあまりとらない生き物です。水分の排出量を減らすため非常に濃い尿を排出するなど、体の仕組みが水分を節約するようにできているのです。しかしその濃い尿は腎臓や尿道に大きな負担をかけてしまいます。これが原因となって命にかかわる病気を引き起こしてしまうことも多いのです。
病気予防のためには水分をたくさん摂ることが大切。しかし猫はこちらが思うように沢山水を飲んでくれるとは限りません。そんな時は水分合有量の多いウェットキャットフードを与えることで、食事とともにたくさんの水分を猫に摂らせることができます。

本来の猫にとってふさわしい食材を使っている

肉食の猫には高タンパク質・高脂肪・低炭水化物の食事が適しています。しかし一般的にドライキャットフードは米や小麦といった炭水化物を含む素材を多く使用していますので、本来の猫の食性からは遠ざかってしまっているといえます。それに対し、ウェットキャットフードは肉や魚といった素材に水分を含ませ、そのままパッケージングしているので猫の体にとてもよくマッチするのです。

猫の食いつきが良い

猫は食事の匂いでおいしいかどうかを判断します。肉や魚といった素材をそのまま使うウェットキャットフードはドライフードに比べ匂い・味が強く、猫にとってはとてもおいしく感じられる食事。食いつきが大変よくなります。味の種類も豊富なので、猫の好みに合わせた逸品が見つけやすいのも嬉しいですね。

ウェットキャットフードの種類

フレークタイプ

ウェットキャットフードのメリットである素材を生かすことに一番特化しているのがフレークタイプのキャットフード。ツナやマグロといった魚系が多いです。人間が食べる缶詰のように中に素材の形が残っていて、匂いだけでも原材料がわかるほど。そのため食感があり食べ応え抜群なのです!
ウェットキャットフードのデメリットの一つに価格が高いという点がありますが、フレークタイプは案外安いものが多くなっていて、飼い主のお財布にも優しいです。
ただし総合栄養食として普及しているものが少ないので、普段の食事(総合栄養食が多いドライキャットフード)の補助食として用いるとよいでしょう。形がしっかりしているフレークタイプはドライキャットフードと完全には混ざりにくいので、ドライキャットフードにトッピングするという形で与えます。手軽に水分とタンパク質を補うことができますよ。

パテタイプ

ペースト状・ムース状のウェットキャットフードです。原材料の良さをそのまま生かしているフレークタイプとは違い、肉や魚といった複数の素材をミックスして作られているので一見何からできているのかはわかりにくいです。
大変柔らかく嗜好性が高いので、子猫の離乳食から歯の弱った高齢猫まで幅広く与えることができます。自力でご飯が食べれない病気の猫に対し、強制的に栄養摂取する場合に用いることも。
総合栄養食が多いですが、パテタイプはお値段が高い傾向にあります。毎食ではなく、ドライキャットフードとローテーションを組むなど工夫して与えることで食費を抑えることができます。
お湯によく溶けドライキャットフードとも混ぜやすいです。食欲が落ちたときにドライキャットフードとともに与えると、食欲改善につながることもありますよ。また猫が病気の時はお薬を包んで与えることもできます。
幅広く活躍してくれるのがパテタイプのウェットキャットフードなのです。

シチュータイプ

素材の形を残しつつ、これにとろみをつけたり煮込んだりして水分を多く含ませたのがシチュータイプです。ウェットキャットフードの中で最も水分合有量が高く、水分を摂取させるという目的に一番合致するのがスープタイプ。
そのままでも猫の食いつきが良いのですが、温めるとより嗜好性が強くなります。水の代わりにドライフードをふやかすのに使うこともできます。スープ部分にも栄養が溶け込んでいるので、本当にご飯を食べない場合はスープのみ舐めさせ、少しでも栄養を摂らせるという方法も。猫の食欲がないときに大変重宝します。
レトルトパウチタイプが多く、外出先に手軽に持っていけるので人気が高いです。ごみの量も減らせるので、災害時の持ち出し用に用意しておいてもよいですね。
総合栄養食でないこともあるので、種類をしっかり確認しましょう。

ウェットキャットフードを与えるときの注意点

利点が多いウェットキャットフードですが、総合栄養食として使えないものも多く存在します。主食として与えるなら総合栄養食かどうかちゃんと表示を確認する必要があります。またウェットフードばかりを食べているといざというときドライキャットフードを食べなくなる可能性も。総合栄養食として手軽に使えるドライキャットフードとうまく併用して、ウェットキャットフード、ドライキャットフードどちらも食べつける習慣をつけておくとよいですね。

3種類のウェットキャットフードを用途によって使い分けて、猫においしい食事を用意してあげましょう。

【参考文献】
http://www.marccohn.net/008.html
https://www.mela-itg.com/products.html
http://phantomthefilm.com/agerutokinikiwotukeru.html