旅行・出張の時のキャットフードのあげ方

top画像

だれしも旅行、出張など家を長期間留守にしなければならないときがあるでしょう。こんなとき猫への毎日の給餌はどのようにしたらよいのでしょうか。

できれば猫を連れて行くべき

まず猫を移動先に同行させることができないか検討してみましょう。最近のホテルや旅館には猫と一緒に泊まれることを売りにしているところがあります。同行させると決めたらいつも食べているキャットフードといつも使っている食器を一緒に持っていきましょう。

キャットフードはウェットフードよりドライフードの方が軽く、必要な量が少量で済むので便利です。パッケージから必要な分のみを取り分けておきます。一回分ごとに分けて密閉容器にいれておくと、旅先のあわただしい中でも分量を間違えず給餌することができます。いつもと同じ時間にキャットフードを与えるようにしてくださいね。

また車酔いする猫もいますので、移動中は食事を与えない、移動前の食事も少量にする等の注意が必要です。

ペットの預かりサービスを利用する

しかし、猫と泊まれる宿泊先を探すとなるとエリアが限定されてしまうのも現実。旅行なら自由もききますが、仕事での出張となれば厳しいものがあるかもしれません。

確実にフードを与えたい場合は、誰かに猫を預けましょう。親戚や友人がいない方は、ペットを預かってくれるサービスを利用しましょう。

ペットホテルを利用する

最も確実なのはペットホテルに預け、キャットフードをあげてもらうという方法です。ペットホテルにはさまざまな形式のところがあります。預かり方法(個室かケージか、犬など別の動物も一緒にあずかるのか等)を比較したいところです。

預け先が決まったらペットホテルの担当者に普段のキャットフードの量、与える時間や回数、注意点などを伝えておきましょう。キャットフード持ち込みが可能なペットホテルの場合はいつものキャットフードを用意してあげれば大丈夫です。テルがキャットフードの銘柄を指定している場合は、猫を預ける前から食べる予定のキャットフードをあらかじめ与えておき、味になれさせておきます。 

預かりが可能な獣医を探す

また獣医さんの中には入院とは別にペット預かりサービスを行っているところもあります。持病を持っていて食事に気を使わなければならない猫などは獣医さんが近くにいる環境の方が安心かもしれません。一度かかりつけの獣医さんに預かりサービスの有無を尋ねてみましょう。

自宅で留守番させる

自宅でお留守番させるという方法もあります。猫は一晩程度のお留守番ならキャットフードの量を多めに与えてもらえれば十分にこなすことができるのです。一日分より少し多めのキャットフードを用意しておけば、猫がいつもより食べ過ぎてしまったとしても安心です。

置き餌になりますので腐敗しにくいドライフードを使います。水も頻繁に飲むことができるよう多めに用意しましょう。留守中猫が水をこぼしてしまう危険性があるため数か所に水を置いておくようにしてください。

さらに長期間家を空けるときは、自動餌やり機という便利なものがあります。高価なものならタイマーをセットすることで決まった時間に決まったキャットフードを与えることができます。長期間家を空けなければならないという場合は購入も検討しましょう。