キャットフードを与える時間はいつがよい?猫のご飯のタイミング

top画像

だらだら食いはデメリットが多い

猫はご飯の時間が大好き。中には飼い主の顔を見るたびキャットフードをねだってくる子もいるでしょう。しかし猫にねだられるままご飯を与えていては、肥満になることは避けられません。

猫は元々狩りをして生活する肉食野生動物でした。一日何回も狩りをし、獲物が取れたときには何度でも食事をするという生活です。そのため少量の餌を少しずつ食べる習慣があります。人に飼われている今でもこの癖が残っている猫もいて、キャットフードを与えてもすぐに全部食べてしまわず、だらだらといつまでも食事を続ける場合があります。

そのため、いつでも猫がご飯を食べられるようにキャットフードを出しっぱなしにしている人もいるのではないでしょうか。しかし、キャットフードを放置すると味が落ちるうえ、菌が繁殖しやすくなるため衛生的にもよくありません。また、どれだけの量を食べたのか把握しづらくなってしまいます。

与える時間は不規則でも良い

時間を決めてご飯を与え、食べない分のキャットフードは30分程度たったら下げるようにすれば、猫も規則正しい食事の習慣を身に着けることができるようになります。それではキャットフードを与える時間はいつがよいのでしょうか。

これについては特に決まりがあるわけではありません。野生動物であった猫はいつでも食事をとることが可能です。そのため、飼い主である人間の生活習慣に合わせるのがよいでしょう。飼い主にとって無理がある時間を給餌のタイミングとして設定すると日によって猫の食事の時間がばらばらになってしまい、規則正しい習慣が身につかなくなってしまうからです。不規則な生活を余儀なくされている飼い主の場合は、自動給食機を日常的に使うという方法があります。

食事を与える回数

食事を与える時間は不規則でも特に問題はありませんが、1日何食にするかはかなり重要です。猫に合わせつつ、飼い主が無理なく続けられる規則正しいスケジュールを見つけましょう。

1日2回が目安

食事の回数は成猫なら1日2回が目安です。肥満気味の猫の場合は3回に分けてあげると空腹を感じにくくなります。一説では猫は朝と夕方に自分の縄張りを巡回し、その中で獲物を狩る習慣があるようです。このため人間の朝ご飯・夜ご飯の時間と合わせてキャットフードを与えると飼い主の生活リズムとも合わせやすいでしょう。

ただ、この時間も絶対守らなければならないというものではありません。元来が夜行性の猫ですから、人間のように寝る前にご飯を食べるのは良くないということもありません。

ライフステージで回数も変える

1日2回という食事のタイミングは、成猫(1歳以上)についてのものです。沢山の栄養を必要としている子猫の場合は1日に4~5回の食事が必要になります。同様にエネルギーを必要としている妊娠期の猫も1日に3~5回食事の回数を取ってあげなくてはなりません。

また、高齢の猫は内臓機能や歯が衰えてきているため、一回の食事の量を減らす一方で食事の回数を増やし、「食べる」事の負担を減らしてあげる配慮が必要になる場合があります。猫の状態によって、猫の食事の回数・キャットフードを与えるタイミングは変化します。

食事の間隔は12時間以上あけない

空腹期間が長くなると、キャットフードをもらったときに慌てて食べてフードを吐いてしまう猫もいます。食事の間隔が長いと猫の体は脂肪をため込もうとするため、肥満の原因になることもあります。さらに恐ろしいのは肝リピドーシスの発症です。肥満傾向の猫は3日~1週間以上絶食することで肝臓に過度の脂肪がたまり、意識障害などを引き起こす肝リピドーシスという病気にかかることがあるのです。食事の間隔は約12時間程度を目安にし、空腹期間が長すぎないようにしてあげましょう。