偏食の原因は飼い主のせい?好き嫌いを防ぐキャットフードの与え方

top画像

猫は偏食になりやすい

猫は食事にうるさい生き物だといわれています。食事へのこだわり方は猫の個体によって様々です。一つのキャットフードにこだわり、ほかのフードは一切受け付けない猫もいれば、昨日までおいしそうに食べていたキャットフードに今日は見向きもせず、次々と新しいご飯を要求してくる猫もいます。

どちらの場合も問題があります。前者の猫の場合は、もしお気に入りのフードが生産中止になったり、緊急時に別のキャットフードを食べなければならなくなったとき大変です。後者の猫の場合はどんどん要求が上がっていき、飼い主はいつも目新しくておいしいキャットフードを探す羽目になります。

偏食を防ぐ食事のあげ方

実は猫の偏食は飼い主の餌のあげ方が原因の場合があるのです。では猫の偏食を防ぐにはどのような給餌方法をとったらいいのでしょうか。

子猫の時から「続けられる食事」に慣らす

人間の子供にも言えることですが、離乳食の段階で食材が偏っていると偏食になりやすくなります。大きくなったとき、子猫の時に食べていたもの以外の食材を食べ物と認識できなくなる子もいます。よって子猫の段階で食材を制限してしまわないようにすることが大事です。

子猫の時に栄養価が高くないおやつや人間の食事などをメインに育ててしまうと、総合栄養食となるキャットフードを受け入れられなくなってしまうかもしれません。これからキャットフードで育てていこうと考えているなら、長期的に利用できる食事に慣らしていきましょう。

食事の時間は一定に

野生の猫はいつ食事がとれるかわからないので、偏食している余裕などありません。好き嫌いが起こるのはいつでも食事がとれるという安心感があるからともいえます。偏食をしてもまたもらえることを学習しているから、ご飯を食べないのです。また猫が欲しがるときにあわせてキャットフードを与えることを繰り返せば、肥満体質になるのは必須です。猫の食事は時間と量を決めて、メリハリをつけて与えることが大切です。

猫のご機嫌をうかがわない

猫は一気にごはんを食べないことが多いので、キャットフードがお皿に残っていることが多々あります。こんな時に「猫がご飯を食べなくなった!」と慌てて、新しいフードやおやつを用意してはいけません。キャットフードを残すと新しくておいしい食事が出てくることを猫に学習させてしまうからです。

もしすでに新しいフード→すぐに食べなくなる→また新しいフードの連鎖が作られている場合は、食べ残したフードをいったん下げて、数時間後にもう一度だしてみましょう。このキャットフードしか食べるものがないのだということがわかれば、猫は根負けしてこちらが用意したフードをたべるようになります。

フードの新鮮さや器の清潔さを保つ

猫はにおいに敏感な生き物です。偏食を起こしている原因はキャットフードの保存状態が悪く、おいしそうなにおいがしなくなっているからかもしれません。また、古いキャットフードの残飯が器に残っているのが嫌でごはんを食べなくなっている可能性もあります。キャットフードは劣化しないよう密封容器に保存し、食器は清潔に保ちましょう。

数種類のフードをローテーションさせる

普段から数種類のキャットフードをローテーションさせて、猫に複数の味を覚えてもらうことも大切です。ただし急に新しいキャットフードに切り替えると、体調不良を起こしたり、まったくごはんを食べなくなったりすることがあります。切り替えは新しいフードを少しずつ増やす方法で、徐々に行ってください。

あげ方次第で食べてくれる

気まぐれで飽きっぽい猫ですが、食事の与え方次第で偏食にならないようになります。また、食べなくなったからといって諦めて別のフードをあげなくても、ちょっとした工夫をするだけで案外食べてくれるようになるものです。
まずは偏食をしない子になるように、子猫の頃から食事の与え方については十分に気をつけましょう。

【参考文献】
http://www.revitalcohen.com/use.html