猫の体に有害な酸化したキャットフードの見分け方とは?

top画像

どんなに良質なキャットフードでも時間の経過とともに劣化していきます。その原因は空気中に含まれる酸素とキャットフードの成分が結合することによる酸化。酸化したキャットフードはきちんと見分け、廃棄しなければなりません。酸化したキャットフードの見分け方について知っておきましょう。

酸化したキャットフードは何が問題なの?

品質や栄養価が低下

酸化したキャットフードは新鮮なキャットフードとは品質が変わってしまっています。そのためキャットフードに含まれているはずの栄養価が低下し、キャットフードのパッケージに書かれている栄養成分量を保持出来なくなる可能性があります。味が悪くなり、猫の食いつきもよくありません。

健康に悪影響を与える可能性がある

変質したキャットフードの成分が猫の体に害を与える場合もあります。例えばキャットフードの主成分の1つである脂肪は、空気中に放置されることで酸化し、過酸化脂肪酸に変質してしまいます。過酸化脂肪酸はコレステロールと結びつき悪玉コレステロールになります。酸化したキャットフードを食べ続けることで、血中の悪玉コレステロールが徐々に蓄積され、やがて血管を防ぐ動脈硬化を引き起こすことにつながるのです。
酸化したキャットフードが下痢やアレルギーを引き起こす場合もあります。
猫の健康維持のためには酸化したキャットフードを与え続けてはいけないのです。

キャットフードはどうやって酸化していくの?

酸化とは酸素と物質が結びつく現象のことです。一度開封すればキャットフードは空気の中にさらされることになります。すると空気中の酸素とキャットフードが結びつき、酸化が始まります。では密閉状態で開封していないキャットフードなら全然酸化しないのかというとそうでもありません。袋の中に空気が存在していれば少しずつでも酸化はすすみます。またキャットフードを保存している場所の温度や湿度、光の加減で酸化のスピードは変わってきます。
キャットフードを保存する際は暑い場所を避け、湿度の変化が緩やかな日陰を選びましょう。

酸化したキャットフードの見分け方

ウェットキャットフードの場合

見た目の変化

ウェットキャットフードは水分を多く含んでいるため開封と同時に酸化していきます。匂いが落ちてきたり、開封時に比べ見た目がくすんで色合いが悪くなったら酸化していると考えましょう。特に缶詰入りのウェットキャットフードの場合、容器に入れっぱなしにしておくと缶詰の鉄分も酸化し錆びてきてしまいます。保存するときは別の容器に入れ替えてください。

開封後の保存方法

ウェットキャットフードの場合、食べきれない分は冷蔵庫で保存するのが基本です。一度口を付けた食べ残しは酸化のみならず、細菌繁殖の可能性もあるので速やかに捨てましょう。
ただしウェットキャットフードの場合は冷蔵庫で適切に保存しても24時間たてば酸化してしまいます。あまり長く使い続けることは避けてください。

ドライキャットフードの場合

見た目の変化はわかりにくい

ドライキャットフードはウェットキャットフードに比べれば酸化しないように様々な加工が施されています。そのため開封後すぐに酸化するということはありませんが、逆に言えば酸化しているのかどうか分かりにくいということです。酸化したドライキャットフードを見た目で判断することは大変難しいです。

匂いの変化

見た目ではなく開封時と比べて匂いがあまりしなくなったかどうか、匂いで判別する方法をとりましょう。そのためには新しくキャットフードを開けたときにどんな匂いがするかをちゃんと覚えていなければならないのですが、ドライキャットフードはウェットキャットフードほど匂いがしないので決め手に欠けるかもしれません。

触って確認する

匂いの変化もわからない、そんな時はドライキャットフードを触ってみてください。べたつくような感覚がしませんか。ドライキャットフードの表面に存在する油分が酸化してしまった証拠です。あるいはドライキャットフードを指の先でつぶしてみましょう。表面が柔らかくなっている感触がしたらこのキャットフードは酸化が進行しているということです。
ドライキャットフードはウェットキャットフードに比べれば持ちがよく、開封後はなるべく小分けにし、密封容器に保存することで酸化の速度を遅らせることができます。しかしどんな保存方法をとったとしても1か月ほどたてば酸化が進行してしまいます。開封後1か月を目安に使い切るようにしましょう。

酸化しやすいキャットフード≠悪いキャットフード

猫に与えることによって猫の健康に悪影響を及ぼしてしまう酸化キャットフード。しかし酸化しやすいキャットフードが猫の体に良くないというわけではないことに注意しましょう。酸化しやすいキャットフードと言うのは酸化防止剤をあまり使用していないキャットフードです。つまりより自然な原材料を用いていたり、無添加を売りにしている質の良いキャットフードの方が酸化しやすいということになります。一方酸化しにくいキャットフードは猫の体に害を及ぼす危険な化学物質を酸化防止剤として用いている可能性があります。

キャットフードが酸化していないかチェックしてみよう

どんなキャットフードでも時間が経てば必ず劣化し、酸化していくものです。高品質なキャットフードでも、酸化すれば一転、猫の体にダメージを与える存在になってしまいます。酸化したフードは猫の食いつきが悪くなるもの。「あれ?ご飯食べてないな」と気づいたら、キャットフードが酸化していないかチェックしてみてくださいね。