多頭飼いさん必見!キャットフードの与え方で注意すべきポイントとは

top画像

多頭飼いは食事のあげ方に注意

飼い猫が子供を産んだり、行き場のない猫を保護したりしているうちにいつのまにか多頭飼いになってしまったという猫好きの方は多いのではないでしょうか。たくさんの猫と暮らすのは楽しい反面、猫一匹との生活に比べて注意すべきことが増えてきます。日々の生活で特に気を付けたいのが多頭飼い時のキャットフードの与え方です。

お皿は別々に用意する

まず、猫それぞれが平等にキャットフードを食べることができるよう配慮することが大切です。キャットフードを大皿に盛って与えると、力の強い猫だけがたくさんのフードを食べ、大人しい猫はほとんどご飯を食べられないという事態が発生することがあります。ご飯を十分に食べられなかった子は栄養不足になってしまいますし、ご飯を食べ過ぎた子は肥満のリスクにさらされます。そこで猫の数だけお皿を用意し、キャットフードは個別に与えることが必要になってきます。

これは、猫それぞれの体調管理のためにも必要なことです。猫の体調不良を見抜く指標の一つに食欲の減退があります。大皿で食事を与えていてはどの猫がご飯の食いつきが悪くなっているのか見抜くことができません。ある猫が食べ残したキャットフードを別の猫が食べてしまい、食欲不振に気が付かなかったという事態もありえます。

猫によってキャットフードを変える

多頭飼いしている猫の個性に合わせたキャットフードを与えることも大切です。子猫は成猫よりも高いエネルギーを必要としますし、食事の回数も多くなります。逆に高齢猫には摂取カロリーを控えめにし、加齢に伴う病気に配慮したシニア向けフードを与えることになるでしょう。穀物アレルギーのある猫にはグレインフリーキャットフードを用意する配慮が必要になります。

それぞれの年齢や病気に合わせたキャットフードを用意するのが大変という人は、全猫種、全年齢対応のグレインフリーキャットフードを購入すると給餌量を調整するだけでいろいろな猫に与えることができ、手間が省けます。

餌を横取りしない工夫を

食欲旺盛な猫は隣の猫のキャットフードにまで手を出してしまうかもしれません。気が弱い猫がいるときは、他の猫にご飯を横取りされないか十分に注意してやる必要があります。

そこでご飯の時間になったら、猫の名前を一人ひとり呼びながら順番にキャットフードを与えるようにすると効果的です。ご飯を与える順番はいつも同じにしてあげると猫も混乱しません。このときは猫のプライドを傷つけないためにも先住猫の方から名前を呼んで優先してあげてくださいね。

それでも横取りが起きてしまうようなら、食事を与える部屋を別にする、ケージを利用してご飯を与えるという方法もあります。

割高でも小分けのフードを選ぶ

多頭飼いになると、どうしてもキャットフードの費用がかさんできます。キャットフードは基本的に大容量のものを一気に買った方が安くなる傾向にあります。しかし、ホームセンターなどで売られている激安の大袋キャットフードには添加物がやたらと入っていたり、猫にとって栄養価の低い原材料が使われていたりするものが存在します。また大袋タイプの場合、一度開けると新鮮さが失われ猫の食いつきが悪くなる場合もあります。

良質で小分けのキャットフードでも購入金額によって割引がきいたり、送料が無料になったりするものがあります。多頭飼いの飼い主さんには良いものを安く手に入れる方法を探してほしいものです。