通販でキャットフードを買う時の注意点

top画像

非常に便利な通販

通販は重たい荷物を自宅までまとめて届けてくれる便利なものです。店頭で売られているキャットフードは知名度が高い国産メーカーのものが主流ですが、ヒューマングレードキャットフードやグレインフリーキャットフードなど、高級な海外製のキャットフードは通販の方が手に入りやすいです。

また、動物病院で処方される療法食も通販で手に入れることができ、なかなか通院できない忙しい人にもぴったりです。ポイントや試供品をつけてくれる通販サイトも多く、店頭で買うよりもお得感があります。

通販で買う時の注意点

通販を利用してキャットフードを購入する際には、いくつか注意しなければならないことがあります。これを知らないでおくと、逆に損をしてしまう可能性もあります。購入する前にどんな点に注意が必要か理解しておきましょう。

賞味期限を考慮に入れる

通販でキャットフードを買う場合は、パッケージを直接手に取っているわけではないので、購入前にキャットフードの賞味期限が分からないというデメリットがあります。通販サイトに賞味期限が明記されていないときは、どの程度の賞味期限の商品が送られてくるのかショップにあらかじめ問い合わせてみるのもよいでしょう。あるいは最初は少なめの量を注文して、何ヶ月持つキャットフードが送られてくるのか試してみるのもよいですね。

安心できるショップで購入する

キャットフードの種類だけでなく、これを取り扱う通販ショップにもたくさんの選択肢があります。同じキャットフードでもショップによって価格がかなり違うということも。しかし、他のショップに比べてあまりに安いキャットフードを売っているお店は、もしかすると偽物や賞味期限の切れた粗悪品を売りつける危ない通販ショップかもしれません。

買い物をする前にショップ名で検索してみたり、他の人のレビューに目を通したりして変な業者に引っかからないようにしましょう。専属の獣医師がいるサイト、メーカー直販のサイトを利用すると安心です。

キャットフード代以外にも料金がかかる

通販では店頭で買うよりも安い価格でキャットフードを見つけることができるかもしれません。しかし、キャットフード代以外に送料や代引き手数料、銀行への振込手数料などを忘れていませんか。合計料金を考えれば店頭で買った方が安かったなんてことにならないよう、手数料や送料のお得な通販ショップを見つけて賢い買い物をしましょう。

買いすぎに注意

通販では「~円以上は送料無料」「○個以上買うとオマケが付く」というサービスを行っているショップも多く、どうしても多く買ってしまいがちです。どんなペースでキャットフードを消費していくのか、ちゃんと計画して、賞味期限内に使い切れる量を買いましょう。

療法食の場合は独断で買わない

療法食を通販で買おうという人は、必ず動物病院の先生と相談してください。療法食は健康な猫を対象にしたキャットフードに比べて栄養成分が制限されている場合があります。飼い主の「きっと〇〇病に違いない」といった思い込みや独断で与えると、猫の健康を損なうことがあります。

また動物病院で処方された療法食が通販で買えるからといって、途中で通院を辞めてしまうのは危険です。病気の回復や進行によって与える療法食も変わっていくので、必ず獣医さんと相談しながら通販を利用してください。

【参考文献】
https://www.spainembedu.org/materiales/23/antonio2.html