グレインフリーキャットフードとは?猫の体と動物性たんぱく質

top画像

キャットフードの中には猫の体に良いとされるちょっと値段が高めのキャットフードが存在します。その中にグレインフリーを銘打ったキャットフードがあるのをご存知でしょうか。今回はそんなグレインフリーキャットフードについてご紹介します。

グレインフリーキャットフードとは

グレインとは穀物(種子を食用とするものー小麦、ライムギ、米、トウモロコシ等)のことです。グレインフリーキャットフードとは「穀物不使用のキャットフード」のことです。(これと類似の言葉にグルテンフリーキャットフードがあります。グルテンは麦類に含まれるたんぱく質の一種です。ペットフードの中に有害物質メラミンを含んだ小麦が使われていたという事件から、グルテンフリーキャットフードも広まるようになりました。)多くのキャットフードは原材料が安い穀物を使って、キャットフードの値段を下げています。その分グレインフリーキャットフードはお値段も高め。しかしグレインフリーキャットフードは猫の体に良いとされ、高いお金を出しても選ぼうとする飼い主もいるのです。

グレインフリーキャットフードが選ばれる理由

肉食の猫の体にマッチしているから

グレインフリーキャットフードは猫の健康に敏感なアメリカなどで大変人気がある商品です。というのも猫は本来肉食であり、ネズミや鳥を食べて生きている野生の猫はほとんど穀物を摂取する機会がありません。そのため、グレインフリーキャットフードは本来の猫の食性にマッチすると考えられているのです。肉食の猫の唾液には穀物に大変多く含まれる炭水化物を消化する酵素(アミラーゼ)があまり存在しませんし、猫の腸は短いため消化に時間がかかる植物を吸収するのには向いていません。その点、グレインフリーのキャットフードなら消化の負担が軽く、猫の体に良いと考えられるのです。

食いつきが良い

グレインフリーキャットフードは猫の食性に合っているせいもあってか、猫に好まれる傾向があります。グレインフリーキャットフードに変えてから食いつきが良くなったと喜ぶ飼い主もいます。好き嫌いが激しい猫や食の細い猫に向いているキャットフードと言えるでしょう。

アレルギー対策に

穀物は猫の食物アレルギーの原因になりえます。もちろん猫の食物アレルギーの原因は穀物のみでなく、猫の体質によって様々です。それでもグレインフリーキャットフードのように使用する原材料を制限しているフードを与えていると、仮にアレルギーを起こしたとき、原因物質を特定するのが簡単であるというメリットがあります。

その他

穀物は炭水化物が多く含まれているので、穀物の含まれたキャットフードは肥満になりやすい、糖尿病になりやすいと考えられています。肥満対策、糖尿病対策にグレインフリーキャットフードを選ぶ飼い主もいます。しかし実はグレインフリーキャットフードが肥満や糖尿病のリスク軽減に役に立っているという研究結果は出ていないのが現状です。

猫にとって穀物は体に悪い食べ物?

野生の猫の食生活を考えると不要なものであるとみなされる穀物ですが、穀物は猫の体に害を及ぼすのでしょうか。実は野生の猫も草食動物である獲物を食べる際に、獲物の内臓に含まれている穀物を摂取しているのです。だから穀物は猫の体に全く不要というわけではありませんし、食べたからといって害になるわけでもありません。また肉食動物である猫ですが、個体によっては猫草とよばれる植物を好んで口にすることも知られています。植物に含まれる食物繊維は猫の便通をよくする働きもあり、キャットフードによってはわざわざ食物繊維を付加しているものもあります。本来猫が肉食だからといって、肉以外の成分が猫の体に全く必要ないというわけでもないのです。

グレインフリーキャットフードを選ぶ際の注意点

グレインフリーキャットフードのすべてが猫にとって良いとは限りません。

穀物の代わりに別の植物性たんぱく質を利用している

穀物不使用の代わりに豆やイモをたくさん使っているグレインフリーキャットフードもあります。ものによっては通常のキャットフードよりも植物性たんぱく質の割合が高いものもあります。グレインフリーという言葉だけでフードを選ばず、原材料と成分構成比をチェックすることが大切です。

粗悪な肉を使っている

肉や魚をメインに使っているキャットフードでも、その動物性たんぱく質の出所が悪質ならそれは劣悪なキャットフードです。4Dミートと呼ばれる粗悪な肉を使用しているキャットフードには気を付けましょう。

腎臓病の猫に与えない

腎臓病の猫に高タンパク質の食事を与えると病気を悪化させることがあります。高齢になった猫は腎機能が低下しています。ある程度年齢を重ねた猫にグレインフリーキャットフードを与えるときは、獣医さんに腎臓に負担をかけないか相談してみましょう。

グレインフリーキャットフードは肉食の猫にとって自然な食事ですが、コストもかかりますし、すべてが良い商品とも限りません。グレインフリーのみを気にするのではなく、原材料の全体的な安全性や猫の個性に合った食事を選んであげることがより大切ではないでしょうか。

【参考文献】
http://www.catmobilerecords.com/knowledge-highquality-catfood.html
http://www.frontier-k.co.jp/ranking.html