激安キャットフードの危険性

top画像

激安品には危険がいっぱい

キャットフードの価格は様々です。1㎏あたり価格が3000円以上する高級なキャットフードもあれば、500円以下の激安キャットフードもあります。価格がすべてではありませんが、激安のフードにはやはり安いだけの理由があるものです。価格につられて激安キャットフードを購入する前にその危険性について知っておきましょう。

猫の体にふさわしくない穀物が主原料

キャットフードのパッケージには原材料名がすべて表示されています。また「ペットフードの表示に関する公正競争規約・施行規則」では、原材料名は使用量の多い順に表示することになっています。

そのため、原材料名の一番最初を見るとキャットフードに含まれている一番多い材料がわかるのです。激安キャットフードの場合、最初の項目に穀物(小麦粉、米など)を上げているものが目立ちます。猫は本来肉食であり、ゆっくり消化しなければならない穀物の摂取は体に負担をかけることになります。

また猫は肉や魚に含まれるタンパク質や脂質によって満腹感をおぼえるため、穀物メインで作られたキャットフードではなかなか満足できません。ついつい食べ過ぎたり、すぐにお腹が減ってしまい肥満の原因にもなります。

穀物は猫の主食にするにはふさわしい材料とはいえません。それにもかかわらず穀物をキャットフードの主要な原材料に使うのは原材料費を抑えるためです。安いキャットフードは量をかさましするために、猫の本来の食生活とはかけ離れた原材料を使っているということを覚えておきましょう。

粗悪な肉や魚を使用している可能性

良質な肉や魚はやはり原材料費も高いもの。そこで激安キャットフードが利用するのはタダ同然で手に入る廃棄物としての肉や魚です。

人間が食べられない劣悪な肉を「4Dミート」といいます。加工前の段階で肉のもととなる動物が死んでいるか(Dead)、死にかけているか(Dying)、何らかの障害を持っているか(Disabled)、病気であるか(Diseased)する場合、できた肉を頭文字の4つのDをとって「4Dミート」と呼ぶのです。原材料名に鶏肉、牛肉など〇〇の肉といった明確な記載がない場合、それは「4Dミート」の可能性が高いです。

特に「ミートミール」「フィッシュミール」といった表記には要注意。「ミール」とはあらびき粉の意味ですから、これが何の肉なのか、どの部位を使っているのかがわかりません。腐っている肉や栄養価の低い鳥のくちばしなどが用いられている可能性もあります。一概に肉と言っても激安キャットフードに使われているものは品質が著しく低い可能性があります。

過度な添加物の使用

激安キャットフードで利益を出すためには、すぐに賞味期限が切れるようでは困ります。賞味期限を延ばすための添加物には強力なものがありますが、危険性も高いです。

例えばエトキシキンという合成酸化防止剤は発がん性が指摘されており、人間の食用には添加が認められていません。しかし「ペットフード安全法」ではキャットフードへの使用が使用料制限付きながら認められています。大変安く、酸化防止効果も高いため激安キャットフードを作るには皮肉にも適している添加物です。

他にも合成着色料の多用など、猫の体にとって必要どころか害になるような添加物がたくさん含まれている可能性があります。

値段だけで選ぶのは危険

激安キャットフードには、値段相応の理由があります。安いから、お得だからという理由だけで購入するキャットフードを決めつけるのは非常に危険です。激安フードが原因で食物アレルギーになったり、がんや糖尿病などの重い病気になったりしたら元も子もありません。猫の健康と安さのどちらを優先すべきか、よく考えてから購入しましょう。