キャットフードを選ぶときはコストパフォーマンスも大事!

top画像

今日販売されているキャットフードには様々な種類があります。中には人間の1回分の食費を超えるような超高級フードもあるから驚きです。一方で激安のキャットフードもあちこちで売られています。キャットフードを選ぶ目線として、価格にどのように注目すべきかについて考えてみました。

キャットフードのコストパフォーマンス比較法

キャットフードは1食あたりどれぐらいのコストがかかるかで比較

まず、キャットフードのコストパフォーマンスを正確に比較する方法を知りましょう。食べ物の価格を比較するときグラム単価 に直してみる人は多いと思います。しかしキャットフードのコストパフォーマンスを考えるとき、グラム単価はあまり役に立ちません。
というのもキャットフードは猫の体重によって1日に与える量が決まっているものですが、その量はキャットフードの種類によってまちまちだからです。そのためグラム単価ではなく1食あたりどれぐらいのコストがかかるかで比較を行いましょう。

コスト計算の具体例

例えば1kg3000円のキャットフード(A社)と1kg2500円のキャットフード(B社)があったとします。それぞれのキャットフードのパッケージを見てみると、1日に猫に与えるキャットフード量の目安が書かれているはずです。A社のキャットフードは1日に80g、B社のキャットフードは1日に100gを猫に与えることになっているとすると、
A社のキャットフードの1食分のコスト 3000円÷1000g(1kg)×80g=240円
B社のキャットフードの1食分のコスト 2500円÷1000g(1kg)×100g=250円
一見安く見えるB社のキャットフードの方が高コストであることが分かります。

目に見えないコスト

キャットフードにかかるコストは商品そのものの価格以外にもあります。例えば通信販売でキャットフードを購入している人にとっては、送料や代引き手数料もコストの1つです。遠くのペットショップまでキャットフードを購入しに行く人にとっては交通費もコストに含めなくてはなりません。キャットフードのコストパフォーマンスを比較するときは、これら目に見えないコストも一緒に考えていきましょう。

激安キャットフードに注意!

キャットフードにかかるコストを抑えようとすると、激安キャットフードを購入してしまうこともあるかもしれません。しかし、有名メーカーのキャットフードに比べて明らかに価格が低いキャットフードは要注意です。
激安キャットフードの原材料表示をチェックしてみましょう。肉食の猫に与える食事であるにもかかわらず、穀物などが原材料表示のトップに来ていませんか。穀物は猫のエネルギーになりにくく、アレルギーの危険性もあるのでキャットフードのメイン食材としては不向きです。
また激安キャットフードでは病気で死んだ動物の肉を使用していたり、猫の体に害を及ぼすような危険な添加物を使用していることもあります。品質を保ちつつ価格を抑えているキャットフードももちろん存在しますが、極端な安さには理由があります。キャットフードは猫の健康に関わるもの、安すぎる商品は避けた方が良いでしょう。

高級キャットフードを与えることの問題点

では、なるべく高いキャットフードを猫に与えた方が良いかというと、一概にそうとは言えません。

高いもの≠猫が好むもの

人間が食べても問題ない良質な原材料を使用した「ヒューマングレードキャットフード」、穀物を一切使用していない「グレインフリーキャットフード」など、猫の健康に気を使った高級キャットフードが増えています。
しかし価格が高いからといって飼い猫が気に入るとは限りません。猫の好みは偏っているといわれており、普段食べつけていないものは警戒し、口にしない子もいます。せっかく高いお金を出して購入した高級キャットフードなのに、猫が一口も食べてくれないということもあるのです。高いキャットフードを購入するときはまず試供品などで猫の好みにあうか試してみましょう。

キャットフードを買い続けられないかも

あなたは高級なキャットフードをずっと買い続けることができるでしょうか。今現在はお金に余裕があっても、急な出費や失業などでお財布が苦しくなることもあるかもしれませんね。
キャットフードをころころ変えることは猫の胃腸に負担をかけます。また、食べつけたキャットフード以外のものを受け付けなくなる子もいます。買えるときだけ高級キャットフードを買って、お金が苦しくなったら安いフードに切り替えようというのはあまりよい方法ではありません。無理をせず、どんな時でも買い続けられる価格のキャットフードを選ぶことが大切です。

入手経路が狭くなる

高級キャットフードはドラックストアやスーパーではあまり見かけません。海外製のものが多く、通信販売で手に入れている人が多いのではないでしょうか。しかし入手経路が限られているとうっかりキャットフードを切らしてしまったときや、災害などで交通がマヒしたとき直ぐにキャットフードを手に入れることが難しくなるといった問題点があります。

決められた金額の中で良質なキャットフードを選ぶ方法

まず持続可能な予算を見積ろう

どんなに良質なキャットフードでも持続して与えることができないなら意味はありません。まずキャットフードの予算として無理のない金額を考えます。その中でできるだけ質の良い(肉をメインにしている、添加物が少ないなどの)キャットフードを選んでいきます。キャットフードにかけるコストは多すぎず、少なすぎず、いつでも維持できる金額を設定しましょう。

価格が高いキャットフードをお得に入手する方法

どうしてもちょっと高めのキャットフードをあげたいときは、お得に入手する方法はないか考えます。例えば何度も購入することで値引きをしてくれるキャットフード、定期的に購入することで割引価格になるキャットフードがあります。またポイントが貯まるサイトを経由してキャットフードを購入、ポイントバックを狙うという手も。

キャットフードの併用

キャットフードを併用することで価格を抑える方法もあります。ウェットキャットフードは水分を沢山摂ることができる、高タンパク質・高脂肪の猫の体にぴったりの栄養構成をしているなどメリットが多々あります。しかしウェットキャットフードのみで猫の食性活を支えるのはかなりの高コスト 。そんな時は ウェットキャットフードとドライキャットフードを併用することでコストを抑えつつ、二つのフードの利点を取り入れることができるのです。
ただし、ドライキャットフード同士を併用することは栄養バランスが崩れてしまうので、お勧めできません。

まとめ 飼い主が無理なく続けられることが重要

キャットフードのコストパフォーマンスは1食あたりの価格で比較することができます。この金額に30を掛ければ1か月分の食費が分かります。これを参考にキャットフードを選んでいきましょう。猫の健康のために少しでも良いフードをあげたいという気持ちは大切ですが、飼い主であるあなたがずっと買い続けていける価格のキャットフードを選ぶことも猫のためには重要なのです。

【参考文献】
http://キャットフード.net/select.html