キャットフードに含まれている4Dミートとは

top画像

肉=効果=高品質ではない

肉食である猫が食べるキャットフードには、肉がメインに使われているものの方が自然だと思われるでしょう。実際、猫の体の仕組みからして肉の成分は不可欠です。一方で多くのキャットフードには穀物が含まれていますが、それによってキャットフードをかさましし、キャットフードを安価に作ることができているのです。

では肉が含まれているキャットフードならば、良質高価なキャットフードなのでしょうか。実はそうとも言い切れません。キャットフードには4Dミートと呼ばれる悪質な肉が原材料として使われている可能性があるのです。

4Dミートとは

4Dミートとは、キャットフードに加工される前の段階で肉の原材料となる動物が、死んでいるか(Dead)、死にかけているか(Dying)、何らかの障害を持っているか(Disabled)、病気であるか(Diseased)のいずれかに該当する肉のことです。それぞれの状態の頭文字がDと共通することから4Dミートと呼んでいます。

アメリカの肉のランクで4Dミートとされるものは人間の食用には適さないとされる廃棄物です。廃棄物、つまりはゴミであるため安く手に入るというわけです。

なぜ4Dミートが危険なのか

人間が食べられないものを猫にあげるのは不安なものです。獣医師で食肉監察官としての経験もあるマックガーグル獣医学博士によると、廃棄肉にはカビが生えていたり、腐っているもの、またがんになってひどい状態のものが含まれている可能性がとのことです。

さらに廃棄肉には高レベルのホルモンが含まれており、ホルモンに対する感受性が高い猫にとってはがんになる確率が極めて高くなる危険なものです。

「4Dミート」とは記載されない

キャットフードの原材料そのものに「4Dミート」の記載があるわけではありません。いわいる得体のしれない肉の原材料を目にしたとき、それは4Dミートの可能性が高い、とこちらで判断するしかないのです。「何の肉?」「何の骨?」「何の魚?」かわからない原材料は4Dミートの可能性がかなり高いといえます。

原材料が不明な表記には要注意

例えばキャットフードの原材料に以下のような書き方がされていると、その原材料はもしかすると4Dミートかもしれません。

  • ミートミール
  • 家禽ミール
  • (ミート)ボーンミール
  • フィッシュミール
  • チキンミール

ミールとはあらびき粉、つぶし粉という意味です。つまりミートミールは肉のあらびき粉という意味ですが、では何の肉なのでしょうか。このような曖昧すぎる表記の原材料は、肉の出自が明らかにできない4Dミートの可能性があります。

家禽とは家畜の中でもニワトリなどの鳥類を指す言葉ですが、鶏肉と書かずに家禽ミールと書かれている場合は、爪や羽などの栄養価が高くない部分をひきつぶしたものである可能性が高いです。他の○○ミール系も同様に栄養価の低い部位が含まれている可能性があります。

他にも、

  • 家禽類副産物
  • 肉類副産物

という表記にも注意が必要です。○○ミール系と同じく原材料の正体が分からず、かなり曖昧なものです。

原料が明らかなものを選ぶ

4Dミートは、何らかの病気や障害を持った動物の肉を指します。人間の食品には使われていませんが、キャットフードは食品ではないため4Dが使われている可能性があります。4Dミートは「4Dミート」としてパッケージに記載されません。キャットフードを選ぶ時は原材料表記が曖昧でないか確認しましょう。
先ほど例に挙げた表記の原材料すべてが4Dミートであると断定することはできません。しかし、安全なキャットフードを選ぶとき、原材料を明示しているかが一つの判断基準になることは間違いないでしょう。

【参考文献】
http://www.omnicomassociates.com/safety.html